HOME>注目記事>ゲストに喜ばれるアイテムを選ぶことが大切
ギフトボックス

ご祝儀に合わせて選ぶのが基本

引き出物は、関係性やご祝儀の金額によって贈るものが異なります。一般的には、友人や同僚から3万円、上司や親族からは5万円、主賓や祖父母などからは7万円以上というのがご祝儀の相場です。そのため、受け取るご祝儀を推測して引き出物を選ぶことが第一です。ご祝儀が少ない人に安いものを贈るというのではなく、贈る品数を減らすのが基本となります。引き出物は引菓子、メインの記念品、縁起物、プラスいくつかのアイテムをセットにして送りますが、ご祝儀の額に合わせて縁起物をなしにしたり、プラスアイテムの数を増やしたりしてバランスを取ります。手渡しで贈るのが一般的なので、重くないものを選ぶと喜ばれます。

持ち帰りやすくたくさんあっても困らない

引き出物の定番アイテムは、コーヒーカップやグラスとなります。人気の理由としては、たくさんあっても困らないうえに、使用する時に新郎新婦のことを思い出すことができるからでしょう。お皿のセットは持ち帰る時に重いので負担になりますが、カップやグラスならそこまで重くないので持ち帰るも楽です。また、それなりのブランドでも、コーヒーカップならお皿よりも安い値段で購入できるので、引き出物の品数を増やしたい時に重宝します。